朗読・司会進行 本文へジャンプ
真実井房子さん、広島被爆証言CD「懺悔」 

広島被爆証言CD「懺悔」ジャケット

《真実井房子さんについて》
  戦争が終わり平和な世の中になっても、
原爆によって傷ついた真実井さんの心は、喜びを感じることを許さなかった。
 幼い子供をかかえ妊娠中だった真実井さんは、
ただ自分の子供を守る為にひたすら逃げただけなのに・・・
原爆で放心状態になっていただけなのに・・・
何故こんなにもご自分を責めつづけるのでしょうか・・・
 聡明な真実井さんは、周りの人々の親切や行為をしっかりと記憶しておられ、
やさしい彼女は、それに対して自分は苦しむ人に少しも手を差し伸べてあげられなかったと
悔やみ続け一生を終えられました。
 真実井さんは、誰が何と言おうとご自分を許さなかった方です。
そんな真実井さんは生前、「生きていくのは辛いけれど、生きて証言活動をしていきたい。
何故なら助けを求められても何もしなかった自分をさらけだして、償いたいから 」
とおっしゃっていました。
そしてこの地球上から原爆が、戦争が無くなることを心から願っておられました。

《CD制作にあたり》
 真実井房子さんはご自身の被爆証言に「懺悔」または「慙愧」と名づけ、
日本のみならずカナダなど、数多くの場所で証言活動をしていらっしゃいました。
2005年8月には、語りと音楽「リリアン」主催公演「今、伝えたいこと」vol.1にもご出演頂きました。
私共は、是非この貴重な広島被爆証言をCDにして残すべきと考え、2007年より制作準備にかかり、2008年5月に真実井さんにスタジオにいらして頂き彼女のお声を録音する運びとなっておりました。しかしその直前、4月30日に、横断歩道歩行中に交通事故で悲しいことに急逝されてしまわれました。

 真実井さんご自身のお声が録音出来なければ意味が無いことと断念も考えましたが、
ご自身の証言が残ることを楽しみにされていたことに思いをよせて、また真実井さんの平和への思いを繋ぐべきと考え、急きょ代読録音させて頂き制作を続行致しました。

 尚、真実井さんの生のお声をお皆様にどうしてもお聴き頂きたく、真実井さんが2005年「今、伝えたいこと」にご出演下さいました中目黒GTプラザホールに於いての録音を少しですがCDにお入れしております。会場ビデオからの録音ですので大変お聞き取り難い点はございますが、どうぞ真実井さんのお気持ちをお聴き下さい。

こちらから広島原爆証言CD「懺悔」の一部をご試聴頂けます。



CDブックレットより